Country Booby since 1975



カントリーブービーって?

Country Booby(カントリーブービー)はザ・ナターシャー・セブンの曲をメインのレパートリーにして、カントリーミュージック、ブルーグラス、フォークソングなどもそれなりにやっています。メンバー全員、岡崎市の人間のため西三河が活動の中心になってます。

1973年の秋、「ノストラダムスって知ってますか?」という問いかけから知り合ったカントリーミュージック大好きという葉山さんと、ザ・ナターシャー・セブンのフリークの高校生たちが始めたバンドです。

1975年8月に岡崎市勤労会館で1回目のコンサート。その後、メンバーそれぞれの事情で岡崎を離れ一時活動休止。1981年4月メンバーが岡崎に帰ってきて活動再開。8月には1回目の「よちよちコンサート」を甲山会館で開催。それと平行して喫茶店「合歓の木」でのライブを行う。そういえば、最初の練習場所は大門の水郷公園でした。当時はまだしっかり整備されていなくて、水汲み場の白熱灯の明かりだけを頼りにしてやってました。時々パトカーも見廻りに来ていました。

その後、「よちよちコンサート」は毎年夏に6回開催、ライブも定期、不定期と場所はいろいろですが、現在まで続けています。2002年は、2/22ライブ喫茶「Z」、6/23甲山会館で「あじさいコンサート」、7/27名古屋市「べにしだの家」とやってきました。9月には某キャンプ場のキャンプファイヤーのお手伝いは悪天候により中止。残念…。でも12/21には久しぶりに「ざぶ〜ん」でライブをやりました。

 2003年以降はFMおかざきでカントリーミュージックを中心にした30分番組を担当してます。

こんな連中です

ハッキーバンドの長老。おしゃべりをメインにボーカルとギター担当。本人は"ハッキー"と呼ばれたいみたいです。ビートルズの東京公演を観に行ったことがあるため、皆からは「生きた化石」と呼ばれています。最近、写真を撮るとき必ず右手が額にいくのはなぜだろう?
やすこさん雰囲気最高!オートハープがメインですが「おじいさんの古時計」のスプーンのパーカッション(高石ともやさん直伝)は必聴です。T自動車に勤務しているのに、なぜか森の中で仕事をしている。年齢不詳だが、皆からはヤス先輩と呼ばれている。
ヨーコさんやはり年齢不詳。Eベースとハモを担当。2001年末から参加したのに、初ライブのZの時は全然緊張しているようには見えなかったです。デニーズでのやすこさんとの楽しい会話、楽しみにしています。
けいぞうくんヤマハ音楽教室幼児科卒業というバンドの中では音楽エリートで、バンジョー、ギターがメインです。写真で神妙な顔で(正座をして)いるのは、すぐとなりで城田じゅんじさんがギターを弾いているからなのです。
近藤さんウッドベースとドブロを担当。髪の毛のあった頃は帽子をかぶっていたのに、最近はかぶらなくなりました。大の汗かきでステージの上で「何もしてないのに、一番仕事をしているようにみえる」という得な体質です。
酒部くん本職はピアノの調律師なのにマンドリン担当。二人の娘の父親。ステージで突然、後を向いて練習するのはやめて下さい。やすこさんとようこさんの会話にツッコミが出来る唯一の人物なのです。
サイトウくん本職は畳屋さんで練習量は一番。ギターは当然として、フィドル、マンドリン、バンジョー…。その上、フルマラソンやトライアスロンにも挑戦するすごい人。音楽的こだわりを書いたサイトウのページを読んでみて下さい。

こんな曲やってます

古い帽子に歌のせて(0.39MB) ・私を待つ人がいる(0.53MB)
おじいさんの古時計(0.65MB) ・柳の木の下に(0.45MB)

Windows Mediaファイル(WMA)です。Macで再生するにはプラグインが必要です。
▲ 一番上へ